融資

融資申込のポイント

融資申込において、銀行が聞きたいポイントは3つです。

まず、何に使うのか?
「材料を仕入れる」「ボーナスを払う」「機械を買う」などです。
場合によっては、支払った証拠として振り込み領収書を要求されます。

次に、どうやって融資金を返済するかです。
「材料を仕入れて製品を作り、受注先に収めた代金が入ったら返済します」
「新しい機械を買うことで、従来よりも品質が高まり高く売れるので、
儲けが増えます。手元に入るお金が増えるので返済できます」などです。

最後に、期限まで返せなかったら、どうするかです。
つまり担保です。
担保提供する不動産がなくても、保証協会の利用などで対応可能です。
債権や商品を担保にできる場合がありますが、稀です。

ポイントは、どうやって返済するかを銀行員に納得させることです。
従来の会社業績が良好ならば、銀行員も納得しやすいのですが、
業績が厳しい場合は、発注書などのエビデンス(証拠となる書類)を
持参すると説得力が増します。
設備資金の場合は返済計画の添付を求められます。

裏話を言えば、保証協会の保証がついていれば、間違いなく通ります。
返済が滞っても保証協会が代物弁済してくれるので、銀行の損失になりません。
そのため、銀行での審査が緩みがちなのです
(現在は責任共有制度によって20%のリスクを銀行も負います)