銀行取引

メインバンク以外から融資をしてくれるという打診は受けるべきか?

結論は、声をかけてくれた金融機関を使うべきです。ただし、事前にメインバンクに相談した方が良い場合が二つありますので、後述します。

理由は3つ。

まずは好条件だからです。融資提案する銀行は自行がメインバンクではないことを十分承知していますので、メインバンクよりは良い条件を出してきます。

多くは分かりやすい金利です。最近は代表者保証無し、無担保無保証という好条件を提示する場合もあります。もちろん使い道がなければ使う必要がありませんが、提案された融資が運転資金ならば、その融資で高い金利の融資を返済すればよいのです。

次にメインバンクへの牽制効果があります。提案に対抗して既存融資の金利を下げるケースは少ないと思いますが、次期融資提案の際には下げてくる可能性が高いはずです。

特に手形貸付については次期書き換え時に下げてくれるよう要請しましょう。強気で交渉するならば、当該手形貸付を返済するという方法もあります。

最後に、融資取引銀行が増えれば融資を受ける先の選択肢が増える訳ですから、次の資金調達時に競合させることができるため、より有利な条件を引きだすことが可能になります。

また、預金だけの取引よりも融資取引先の方を銀行は重要視する傾向にあります。特に融資提案するほどの評価を得ている会社には、更なる融資量を銀行側も期待しています。

さらに、新規融資先を獲得した担当者は思い入れがあるので、融資実行後も訪問するはずです。そうなれば、通常の情報提供だけでなく、取引先紹介(マッチング)・案件紹介の働きかけが期待できます。