経営者のみなさんへ

私が銀行員時代お会いしてきた経営者の方々はこんなことを考えていらっしゃいました。

経理は妻に、決算書は税理士事務所に任せて、
自分は営業やものづくり
に専念して黒字を確保してきたから問題ない。
これからもうまくいくはずだ。

新型コロナウィルス感染症で生活様式が変わりました。

ソーシャルディスタンス、巣籠もり消費、非対面交渉、移動制限、テレワークなど、
皆さんの会社に少なからず影響があったのではないでしょうか?

銀行は決算書の黒字赤字を見ているだけではないんです。利益が蓄積されている
貸借対照表を見ているんです。貸借対照表まで目が届いていますか?

今までのやり方が今後も通じるとは限りません。
今こそ自社の経営を振り返ってみましょう。

ひとりではなく、自分とは違った経歴と専門性を持った人とがベターです。

困ったら税理士や銀行に聞くから問題ない

税務申告専門で経営アドバイスしない税理事務所を銀行員として数多く見ていきました。

銀行員は社長に気を使って、本当は改善した方が良いと思っていても言いません。
支店長になってから中小企業診断士になった私は、他の銀行員よりも改善点に
気が付きますし、改善方法も知っていましたが、提案したことはありません。

それは、提案したことを今までやり方を否定されたと取られて、銀行取引が
縮小してしまっては困るからです。銀行員は自店の成績を優先させるのです。
少なくとも私はそうでした。

会社にとって必要なのは、会社存続と正社員の雇用確保だと私は考えています。
そのために必要なのは今年1年の短期的視点ではなく中期的視点です。
今年の税金を納めたくないがための経費増が後々を苦しめることもあります。
節税に目が行って会社存続に必要な投資を怠った会社も見てきました。

銀行支店長のころは自店の成績優先で短期的視点しかありませんでしたが、
銀行を辞めて企業を見るようになり、ようやく中期的視点が持てました。

コンサルタントになって目が覚めた思いです。

コンサルタントなんて通り一編のことしか言わないんじゃないか?

私が見てきた多くのコンサルタント会社は、課題解決の型を持ち、
それに当てはめることで、一定の成果を保証していました。

しかし、会社によって事情は千差万別ですから、調整が必要なのに
型をはみ出すことを禁じられているので、通り一遍になるのです。

私が提供するプロジェクトは、一対一の話し合いを通じて、
お互いの理解を深めて二人で作りあげていくものです。

「資金繰り改善プロジェクト」
https://sakanamame.com/l/cashflo%ef%bd%97project2/