プロフィール

私は県下一番の高校に進学しながら、そこで安心して勉強せず、
二年浪人して高校時代は聞いたことがなかった大学に進学しました。

「就職活動の思い出に」、と受けた地元地方銀行に奇跡的に
合格しましたが、学歴はもちろん最後尾でした。

この学歴コンプレックスを糧に新入行員時代から勉強に励み、
地方銀行が信託代理店に参入する準備要員としての
信託トレーニーに銀行内選抜を経て選ばれました。

その後は順調で、審査トレーニーに選抜されて融資審査を学び、
副支店長時代に支店長からパワハラを受けながらも、
同期第一選抜で支店長になりました。

支店長のまま役職定年し、系列リース会社の営業担当役員を経て、
地元ノンバンクの総務部長に再就職し、現在に至ります。

 皆さんは融資を申し込む側におられます。
私は融資申込を受ける側にいました。

 銀行員はどこに注目して融資判断しているのか、
本やホームページに書いてあるような通り一遍ではない
実務を通した着眼点をお伝えします。

現在、第二の職場に勤務していますので、顔出しできません。
その分、実際にあったことをお伝え出来ます。

 融資判断する銀行支店長の事情を知って銀行と付き合っていけば、
準備して臨めますから、勝率は格段に上がります。
「彼を知りて己を知れば、百戦して危うからず」です。

銀行員時代は支店長だけでなく、本部法人営業部門の副部長も
経験しましたので、M&Aやシンジケートローンなど支店では
通常出会わない問題解決にもお応えできます。

銀行、リース会社、事業性ノンバンクの企業へ資金供給する
3業態での勤務経験によって幅広なアドバイスが可能です。

また、再就職したノンバンクでは、法改正で逆風の中、
停まっていた人事制度(賃金制度・人事考課・昇給昇格制度)を
再構築し、10年停まっていた新規採用も再開しました。

銀行や証券会社の窓口として、銀行員時代とは逆の立場で
融資を申し込む立場も経験しています。

取得国家資格:中小企業診断士
       宅地建物取引士
       貸金業務取扱主任者

私のこのような経験が経営者の方のお役に立てると信じています。
ただし、まだ再就職先に勤務中ですので顔出しできません。

DSC_0193